メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

万博おばあちゃん

瀬戸の山田さん、カザフへ 来夏、アスタナ万博大使に

 2005年の愛・地球博(愛知万博)や10年の中国・上海万博に会期中毎日訪れ、「万博おばあちゃん」として知られる愛知県瀬戸市の主婦、山田外美代(とみよ)さん(67)が、カザフスタンの首都アスタナで来年6~9月に開かれる万博の「大使」に任命された。ナザルバエフ大統領に手紙で協力を申し入れ、アスタナ万博公社に知名度の高さを買われた。会期の93日間、毎日通う。【月足寛樹】

 東京都内のホテルで8日、任命式があった。アスタナ万博公社のアフメトジャン・エシモフ総裁から「世界的に知名度が高く、大使にふさわしい」と任命プレートを授与された。万博のテーマは「未来のエネルギー」。山田さんは日本での広報活動を担い、会期中は現地で万博の魅力をスピーチする。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 死者が出ないと動かないのか 厳罰化と加害者の情報開示を スマイリーキクチさん

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです