メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR秋田駅前

変貌遂げる 目指すは「コンパクトシティー」 OPA初進出、にぎわい創出 /秋田

 JR秋田駅前が変わる--。人口減が進む中で、都市機能の集約化は喫緊の課題だ。そのキーワードは「コンパクトシティー」。秋田市、県、民間が提携し、JR秋田駅前の再開発が進められている。【池田一生、松本紫帆、山本康介】

 秋田市は人口減少に伴って縮小する市街地を再生させようと、都市機能集約化を図る「コンパクトシティー構想」を推進している。市は「第2期秋田市中心市街地活性化基本計画」を作成。駅周辺から同市大町付近までを「中心市街地」(1・15平方キロ)として、来年度からの5年間で活性化を進めたい考えだ。

 昨年9月には県と市、JR東日本秋田支社の3者が駅周辺再開発に協力する「まちづくりに関する連携協定」…

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1276文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです