メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
気鋭に迫る

フィールドワーク、根幹に 劇作家・長田育恵(39)

=東京都杉並区の「座・高円寺」で、佐々木順一撮影

 抽象的な空間に江戸時代の女性絵師、葛飾応為(おうい)の生がほとばしる。東京都杉並区の劇場「座・高円寺」で13日まで上演中の舞台「燦々(さんさん)」。評伝劇で注目される劇作家の長田育恵(おさだいくえ)は、自らが主宰する「てがみ座」公演だけでなく、外部公演の脚本も多く手がける。12月3~18日には劇団民芸への書き下ろしで、民芸運動創始者である柳宗悦(むねよし)(1889~1961年)が生き方を模索する姿を描く「SOETSU 韓(から)くにの白き太陽」(丹野郁弓演出)が東京・日本橋の三越劇場(電話0120・03・9354)で上演される。

 評伝劇を書くようになったきっかけは、大正12(1923)年の関東大震災に興味を持ったこと。その時代…

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1063文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです