メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
建設ロボット

遠隔操作でも手応え感じる 力加減しやすく 東北大など開発

ガスの充満した車内から目標物を取り出す建設ロボット。操縦者は奥のコンテナの中で遠隔操作している=仙台市青葉区で2016年11月11日、喜屋武真之介撮影

 大阪大と東北大などが、遠隔操作で繊細な作業をできる建設ロボットを開発し、11日公開した。見た目は普通の小型パワーショベルだが、新たな油圧と振動伝達システムなどにより、遠くで画面を見ながら操縦する人が、まるで実際に触っているような感覚で力加減できるのが特徴。土砂崩れや原発事故など災害現場での活用を目指す。【千葉紀和】

 内閣府が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の一環。アームの先端で物をつかむことが…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文445文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  4. 立花N国党首vs高須院長が「ニコ生」で大激論 爆問・太田に飛び火も(スポニチ)

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです