建設ロボット

遠隔操作でも手応え感じる 力加減しやすく 東北大など開発

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ガスの充満した車内から目標物を取り出す建設ロボット。操縦者は奥のコンテナの中で遠隔操作している=仙台市青葉区で2016年11月11日、喜屋武真之介撮影
ガスの充満した車内から目標物を取り出す建設ロボット。操縦者は奥のコンテナの中で遠隔操作している=仙台市青葉区で2016年11月11日、喜屋武真之介撮影

 大阪大と東北大などが、遠隔操作で繊細な作業をできる建設ロボットを開発し、11日公開した。見た目は普通の小型パワーショベルだが、新たな油圧と振動伝達システムなどにより、遠くで画面を見ながら操縦する人が、まるで実際に触っているような感覚で力加減できるのが特徴。土砂崩れや原発事故など災害現場での活用を目指す。【千葉紀和】

 内閣府が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の一環。アームの先端で物をつかむことができ、センサーに加わる衝撃に応じて操縦士の手首につけたバンドが振動し、感覚を伝える。

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文445文字)

あわせて読みたい

注目の特集