米国

政権移行責任者にペンス氏

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン西田進一郎】米国のドナルド・トランプ次期大統領は11日、来年1月の就任に向けた政権移行チームの陣容を刷新した。選挙戦中から責任者を務めたニュージャージー州のクリス・クリスティー知事をチームの執行委員会副委員長に降格し、マイク・ペンス次期副大統領を責任者に任命した。執行委メンバーには実子3人を含む身内や側近を起用した。

 クリスティー氏は、政治的報復として同州内の道路を意図的に封鎖したスキャンダルで元側近らが有罪評決を受け、これが響いたとみられる。同時に、元下院議員で党指導部も務めたペンス氏を責任者にすえることで、連邦議会との連携を強化し、政権移行をスムーズに進める狙いもあるとみられる。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文625文字)

あわせて読みたい

注目の特集