メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋城

耐震で不協和音 市長と当局

耐震性が低く、河村たかし名古屋市長が観光客の入場制限を表明した名古屋城=名古屋市中区で、本社ヘリから兵藤公治撮影

 今年4月に熊本地震で熊本城が被災したのを機に、河村たかし名古屋市長は、耐震性の低い名古屋城の早期の入場制限を表明。市当局は「ただちに危険とは言えない」と異なる見解を示し、不協和音が広がる。18日開会予定の11月議会で3度目の審議となる木造復元事業の補正予算案も絡み、先行きは不透明だ。

 「役所が待ってくれと言っている」。先月31日の定例記者会見で、入場制限の時期を問われた河村市長はいらだちを見せた。「ずっとそのままにしてきた。先輩を守っているんですよ」と、耐震対策を先送りにしてきた市当局をやり玉にあげた。

 市当局は1996年の調査で天守閣の耐震不足を把握。震度6強の地震で倒壊の恐れがあるとされた。市が耐震改修を決めたのは10年後の2006年。その後も改修に着手していない。名古屋城総合事務所は「防災拠点となる公共建築物の耐震化を優先した」と釈明する。

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1218文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  5. 22歳孫の祖母介護殺人 「自助に頼る国の悪癖」露呈 就職氷河期経験者が読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです