メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
鳥取砂丘

乾燥地研究に海外注目 干ばつや水不足対策で

鳥取砂丘=本社ヘリから川平愛撮影

 鳥取砂丘を舞台に培われてきた乾燥地研究に、砂漠化の進行などを背景に海外からの関心が高まっている。拠点の鳥取大乾燥地研究センター(鳥取市浜坂)には中東・サウジアラビアが今夏10万ドル(約1000万円)の支援を表明し、先月にはアフリカ南部・ボツワナの駐日大使も視察に訪れた。乾燥地の緑化や食糧生産につながる品種改良などの研究依頼が多く、研究者は「深刻な干ばつや水不足への対策につなげたい」と意欲を示している。

 鳥取砂丘近くにあるセンターは、前身組織が1923(大正12)年に設立され、乾燥地を専門に研究する国…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文912文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  3. 日韓外相会談 主張平行線か 徴用工、輸出規制など協議 北京で

  4. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです