入れ墨訴訟

調査「適法」確定…大阪市職員の上告棄却

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪市が実施した入れ墨の有無を確認する調査への回答を拒み、懲戒処分(戒告)となった職員2人が、処分の取り消しなどを求めた2件の訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は9日付で、2人の上告を棄却する決定を出した。調査を違法として処分を無効とした1審判決を取り消し、調査を適法と認定して職員側を逆転敗訴とした2審判決が確定した。

 原告は市営バスの運転手だった安田匡(ただす)さんと市民病院の看護師だった森厚子さん。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文631文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集