メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入れ墨訴訟

調査「適法」確定…大阪市職員の上告棄却

 大阪市が実施した入れ墨の有無を確認する調査への回答を拒み、懲戒処分(戒告)となった職員2人が、処分の取り消しなどを求めた2件の訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は9日付で、2人の上告を棄却する決定を出した。調査を違法として処分を無効とした1審判決を取り消し、調査を適法と認定して職員側を逆転敗訴とした2審判決が確定した。

 原告は市営バスの運転手だった安田匡(ただす)さんと市民病院の看護師だった森厚子さん。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文631文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  3. ロケ地カード 製作へ 宇都宮など北関東4市共同 /栃木
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです