メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入れ墨訴訟

調査「適法」確定…大阪市職員の上告棄却

 大阪市が実施した入れ墨の有無を確認する調査への回答を拒み、懲戒処分(戒告)となった職員2人が、処分の取り消しなどを求めた2件の訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は9日付で、2人の上告を棄却する決定を出した。調査を違法として処分を無効とした1審判決を取り消し、調査を適法と認定して職員側を逆転敗訴とした2審判決が確定した。

 原告は市営バスの運転手だった安田匡(ただす)さんと市民病院の看護師だった森厚子さん。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文631文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 仮面ライダー 令和初は「ゼロワン」 AIがテーマ “青年社長”が変身!
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです