カタツムリ

殻を振り回し敵撃退…北大研究員が初確認

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 殻を振り回し、敵を撃退するカタツムリがいることを、北海道大学農学研究院の森井悠太・学術研究員が確認し、11日の英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」(電子版)に発表した。これまで沖縄県で同様の行動をする種が見られたとの記録はあるが、個体種の行動として実証研究で確認されたのは初めてという。

 確認されたのは「エゾマイマイ」で、殻の左右幅が40ミリにもなる北海道最大の固有種。2009年から道内10地域で約20個体を採取し、天敵のエゾマイマイカブリとオオルリオサムシを飼育槽…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文595文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集