オリジナルTシャツ

東京から移住の香取正博さん、久慈に会社設立 ネットで出資募り挑む /岩手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
久慈市の工場で作られたTシャツを手にする香取正博さん=同市で
久慈市の工場で作られたTシャツを手にする香取正博さん=同市で

 縫製の街として知られる久慈市で今年、東京から移り住んだ男性がオリジナルTシャツを作る会社「9o’clock(ナインオクロック)」を設立した。元美容師の香取正博さん(32)。久慈独自のブランドに育てて地域活性化につなげようと、インターネットを通じて出資を募るなどして販路拡大に奔走する。【村山豪】

 香取さんは千葉県木更津市出身。東京都内で美容室を営んでいた。仕事柄、おしゃれな人に接することが多い。洋服でも同じ商品が大量に流通して着られる風潮に疑問を感じていた。

 「大量生産されたものでも百貨店にある高級品でもない。少しお金を出して着られるオシャレな服を作りたい」。そんな思いを強め、昨春に美容室を売却した。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文905文字)

あわせて読みたい

注目の特集