メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP

オバマ政権、断念 自由貿易秩序に打撃

 米政府は11日、日米など12カ国で合意した巨大自由貿易圏を構築する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)について、オバマ大統領任期中の議会承認を事実上断念したと明らかにした。米大統領選に勝利したドナルド・トランプ氏がTPP離脱方針を撤回しない限り、現在の枠組みでのTPP発効は不可能。米政府は自由貿易の旗振り役として日本を含む各国に市場開放を求めてきただけに、世界の貿易秩序にとって大きな転換点となる可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り1916文字(全文2124文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです