メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 露での資源開発、日本なぜ協力?=回答・宮川裕章

調達先の多様化狙う 領土問題解決、呼び水に

 なるほドリーマン君 日本とロシアは、12月の首脳会談(しゅのうかいだん)に向けて経済、特にエネルギー分野での協力を深めるみたいだね。

 記者 日本にとって北方領土(ほっぽうりょうど)交渉を優位(ゆうい)に進めるカードとしての意味があります。特にエネルギー分野での関係強化は、これまで中東に偏(かたよ)っていた資源調達先を多様化する狙いもあります。一方のロシアは、2014年のクリミア併合問題で米国や欧州連合(EU)などから制裁(せいさい)を受け、国内経済が停滞(ていたい)しています。欧州諸国がロシア以外に資源の調達先をシフトする動きもあり、ロシア政府は輸出先を日本、中国を含む東方に拡大したい意向です。

 Q 日本の企業は、これまでロシアで資源開発をやったことがあるの?

この記事は有料記事です。

残り1652文字(全文2008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです