連載

ストーリー

記者が現場を歩き、見て、聞いて、感じながら、ニュースの深層、話題の人々の内面に迫る長編ルポ。

連載一覧

ストーリー

若年性認知症・佐藤雅彦さん 人生をあきらめない

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
パソコンでスケジュール管理をしている佐藤雅彦さん。「記憶力が低下してもできることもたくさんある」と前向きだ=埼玉県川口市で、竹内紀臣撮影
パソコンでスケジュール管理をしている佐藤雅彦さん。「記憶力が低下してもできることもたくさんある」と前向きだ=埼玉県川口市で、竹内紀臣撮影

日々、記憶補う工夫

 携帯電話のアラームが鳴ると、東京行きの新幹線に乗っていた佐藤雅彦さん(62)=埼玉県川口市=は客室の電光掲示板に目をやった。降りる駅が近づいたら分かるようにセットしておいたのだ。「間もなく大宮です」。アナウンスを聞いて、タブレットをカバンにしまい、忘れ物がないか確認する。自宅の鍵、カバン……。過去になくした経験があり、移動する時は必ずチェックする。

 携帯電話と一緒に首からぶら下げているのは「私は認知症です」と書いたカード。新幹線がホームに入ったのを確かめると、佐藤さんは緊張した様子で前を見つめ、人混みの中に消えていった。自宅の最寄り駅までは在来線に乗り換えてあと少し。携帯電話に保存したメモを見て、行き先を確認しながら移動する。

この記事は有料記事です。

残り4912文字(全文5239文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集