メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さいたまマラソン

日本人トップ那須川は5位

力走する(左から)吉田香織、関野茜、那須川瑞穂ら=さいたま市で2016年11月13日、代表撮影

 来年8月の世界選手権ロンドン大会代表選考会を兼ねた第2回さいたま国際マラソンは13日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナを発着点とする42.195キロのコースで行われ、36歳の那須川瑞穂(ユニバーサルエンターテインメント)が2時間33分16秒で日本人トップの5位に入った。元ユニクロのチェイエチ・ダニエル(ケニア)が大会新記録の2時間23分18秒で優勝した。今後の代表選考レースは、来年1月の大阪国…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです