メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スーパームーン

14日夜、68年ぶり最接近

見かけ上の大きさが今年最大となる14日の満月(左)と、最小だった4月22日の満月のイメージ=国立天文台提供

 満月が1年で最も地球に近づく「スーパームーン」が14日夜、各地で観測される。満月としては68年ぶりの近さ。今年最も小さい4月22日の満月に比べると、直径で約14%、面積で約30%大きく見える。

 月は地球を楕円(だえん)軌道で回っており、スーパームーンは地球に最も接近した日が満月と重なる現象。国立天…

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文291文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです