メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍ジャパン

滑る球、もがく投手陣 オランダに薄氷の勝利

九回表、この回3失点しオランダに逆転を許してマウンドを降りる大瀬良(中央)=東京ドームで2016年11月12日、宮武祐希撮影

 ○日本9-8オランダ●(延長十回、12日)

 小久保監督が日本の一番の強みに挙げる投手陣が、また崩れた。中軸を中心に打線が得点を重ねたが、投手陣が次から次に計8失点。延長サヨナラ勝ちこそ手にしたが、タイブレークに持ち込まれた現実の方が侍ジャパンに重くのしかかる。

 2点リードの九回。抑えの大瀬良がぴりっとせず、1死一、二塁とされた。続く3番打者は2球で追い込んだが、3球目の直球が甘く入る。右中間2点二塁打で同点。「外す球が甘く入った」と大瀬良。次…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  2. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  3. フジ三田友梨佳アナ、磯野貴理子の離婚理由に「女性として一番言われてつらい言葉」(スポニチ)
  4. 即位とは何か 天皇の血筋が意味するもの
  5. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです