メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍ジャパン

滑る球、もがく投手陣 オランダに薄氷の勝利

九回表、この回3失点しオランダに逆転を許してマウンドを降りる大瀬良(中央)=東京ドームで2016年11月12日、宮武祐希撮影

 ○日本9-8オランダ●(延長十回、12日)

 小久保監督が日本の一番の強みに挙げる投手陣が、また崩れた。中軸を中心に打線が得点を重ねたが、投手陣が次から次に計8失点。延長サヨナラ勝ちこそ手にしたが、タイブレークに持ち込まれた現実の方が侍ジャパンに重くのしかかる。

 2点リードの九回。抑えの大瀬良がぴりっとせず、1死一、二塁とされた。続く3番打者は2球で追い込んだが、3球目の直球が甘く入る。右中間2点二塁打で同点。「外す球が甘く入った」と大瀬良。次…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです