メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド・トレジャー

特派員が選ぶ私の世界遺産 ボゾロギ・バザール(イラン・テヘラン) 時巡る回廊のケバブ

買い物客らでごった返すボゾロギ・バザールの長い回廊。常に年末年始のようなにぎわいを見せる

 「さあどうぞ。安いよ」。イランの首都テヘランの観光地としても知られる市場「ボゾロギ(グランド)・バザール」は、年の瀬の上野・アメ横のように常に活気にあふれている。この日も商店主らの威勢のよいかけ声が飛び交い、狭い回廊を買い物客が埋め尽くしていた。

 伝統模様をあしらった布や陶器、外国ブランドの高級腕時計に宝石、靴や下着に台所用品、名産のピスタチオ……。さまざまな店が軒を連ね、数店舗が収まる売り場の区画は4万カ所に上る。

 「巨大な市場」を意味するボゾロギ・バザールの面積は約1平方キロ。東京ドーム23個分だ。回廊が縦横に市場を貫き、ふと気づけば、出口を見失う。まるで巨大迷路だ。

この記事は有料記事です。

残り1205文字(全文1495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです