メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

妻夫木聡 固定観念から抜け出す KERAの舞台「キネマと恋人」に出演

=北山夏帆撮影

 主演映画が次々と公開、幅広いキャラクターを演じてスクリーンの中で存在感を放つ妻夫木聡。ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)の台本・演出の舞台「キネマと恋人」ではまさに、そのスクリーンの中から抜け出た“映画の登場人物”と“その役を演じた映画俳優”の2役を演じる。

 「映画は僕にとって生きがいみたいなもの。舞台は、もう一回僕をゼロに戻してくれる場所だと思っています。固定概念に凝り固まっていないかい?って」

 真摯(しんし)な言葉に、演技にかける思いがあふれる。

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1222文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  3. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  4. 「コロナ緊急対策予算」これだけの不要不急 (上)その事業、いま必要? 不要不急な政府「緊急経済対策」の実態 新型コロナ

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです