メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

講道館杯全日本体重別選手権 ウルフが連覇 男子100キロ級

男子100キロ級決勝、飯田(左)から技ありを奪うウルフ=徳野仁子撮影

 講道館杯全日本体重別選手権は最終日の13日、千葉ポートアリーナで、男女7階級があり、男子100キロ級決勝で、ウルフ・アロン(東海大)が飯田健太郎(東京・国士舘高)を破って連覇を果たした。

 同100キロ超級は4月の全日本選手権覇者の王子谷剛志(旭化成)が初優勝。2014、15年の世界選手権で銀メダルを獲得した七戸龍(九州電力)は3回戦で敗れた。

 女子57キロ級は石川慈(コマツ)が決勝で14年世界選手権覇者の宇高菜絵(同)を降して、2年連続3度…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです