メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近江学園

障害者こそ「世の光」…創立70年 滋賀

記念ロゴ入りのTシャツを着る近江学園の子供らと植田園長(右から2人目)=滋賀県立近江学園で、村瀬優子撮影

 「日本の知的障害者福祉の父」と呼ばれる糸賀一雄氏(1914~68年)が創設した知的障害児入所施設「滋賀県立近江学園」(同県湖南市)が15日、創立70周年を迎える。知的障害者への理解と尊重を呼びかける記念ロゴ入りのTシャツも製作した。今年7月には、相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害される事件が発生。近江学園では「一人一人が輝ける存在で豊かな個性がある。『この子らを世の光に』と唱えた糸賀先生の思いを今こそ伝えたい」と願っている。

 近江学園は戦後間もない1946年、県職員だった糸賀氏が知的障害児や戦災孤児らの境遇に心を痛め、大津市に創設。障害児らが共に生活し教育や療養を受ける場として全…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  4. ORICON NEWS 和田アキ子、志村けんさん追悼「本当に残念」 飲み屋での思い出も回顧[コメント全文]

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです