メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初

赤い服で表現する強い罪悪感と悲しみ

 ペドロ・アルモドバルの新作。アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「オール・アバウト・マイ・マザー」や脚本賞の「トーク・トゥ・ハー」など、世界映画の尖端(せんたん)に立つオリジナルな作品を発表してきたスペインの監督です。

 初期の「神経衰弱ぎりぎりの女たち」を思い出していただければおわかりのように、アルモドバルは、女性を描くのが上手な監督。溝口健二と並べて評価する人もいるくらいです。近ごろはスタイルを変え、思い切りスタイリッシュなホラー「私が、生きる肌」とか、ブラックなコメディー「アイム・ソー・エキサイテッド!」とか、これまでと違うジャンルに手を出してきましたが、今回は女性の姿を表現することに力を注いだ、ストレートなドラマ。アルモドバルが昔に戻ったような、親しみやすい作品です。

 映画は、マドリードのアパートで荷造りをする女性の姿から始まります。そこに男が立ち寄り、荷造りはでき…

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1617文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです