メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

野球を超える、栗山流組織論 「劇的日本一」日ハム指揮官が語る人材活用術

日本シリーズ第6戦で「日本一」を決め、スタンドの声援に応える日本ハム・栗山英樹監督。若手を率いる監督には独特の組織論があった=マツダスタジアムで2016年10月29日、小出洋平撮影

 いまだに北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督(55)の笑顔が忘れられない。10年ぶりに手にした日本一。数々の逆転劇を可能にした大胆な采配は「栗山マジック」とも呼ばれた。選手の平均年齢が20代半ばという若手チームを率いた指揮官には、野球にとどまらない普遍的な「組織論」があるのではないか--。【横田愛】

この記事は有料記事です。

残り2832文字(全文2985文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 視聴室 新番組・俺の家の話

  3. 案里議員に有罪判決 参院選買収、確定なら失職 東京地裁

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです