連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

「朝の顔」の転身

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 NHKアナウンサーだった内多勝康さん(53)は今春、福祉の世界に転身した。たん吸引などの医療的ケアを自宅で受ける子供の短期入所施設「もみじの家」(東京都世田谷区)の初代ハウスマネジャーに就任した。

 施設は国立成育医療研究センターが設立。24時間ケアに直面する家族の負担軽減を図る。「子供が滞在を楽しみ、親御さんがゆっくりできたと喜ぶ」姿に…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

あわせて読みたい

注目の特集