特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第89回選抜高校野球

来春の21世紀枠に村上桜ケ丘を推薦 県高野連 /新潟

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北信越大会出場を決め、喜ぶ村上桜ケ丘ナインら=新潟市中央区のハードオフエコスタジアムで、9月19日 拡大
北信越大会出場を決め、喜ぶ村上桜ケ丘ナインら=新潟市中央区のハードオフエコスタジアムで、9月19日

 県高野連は14日、来春の第89回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)の「21世紀枠」県推薦校に、村上桜ケ丘(村上市)を選出したと発表した。同校が県推薦校に選ばれるのは8年ぶり3回目。

 村上桜ケ丘は1913年創立の県立校で、野球部創部は58年。過去5年間で県大会優勝1回、準優勝3回、8強2回の好成績を残し、2013年夏の県大会決勝では、日本文理に5-7まで迫ったがあと一歩及ばず、春夏含めて甲子園の出場経験はない。

 今回の推薦は、今秋の県大会準優勝などの成績に加え、荒れ地だった市の運動広場を地域住民と協力して手作業で整備したグラウンドで練習を重ね、学校周辺の清掃や冬場の除雪作業に積極的に参加するなど、困難を克服し、地域に貢献する姿勢が評価された。

 21世紀枠は都道府県高野連が各1校を推薦。12月16日に全国9地区から各1校が選出され、来年1月27日の選考委員会で出場3校が決定する。【後藤結有】

あわせて読みたい