メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モニュメント

空に響け平和の鐘 特攻隊で戦死、上原良司さん石碑隣に 池田で除幕式 「悲劇風化させない」 /長野

上原良司さんの石碑の隣に完成したモニュメントの鐘をつく除幕式出席者=池田町会染で

 池田町出身で、太平洋戦争末期に特攻隊で戦死した上原良司さん(1922~45年)を追悼する石碑(同町会染)の隣に、平和を祈る新たなモニュメントが建てられた。13日に除幕式が行われた。

 名称は「平和と自由・愛の鐘」。上原さんの顕彰活動を行っている「上原良司の灯を守る会」の有志が建設委員会をつくり、町の補助を受けて建立した。「守る会」のメンバーが石碑を作って今年が10年の節目となるのを機に「戦争の悲劇を風化させないように」との思いを込めた。

 モニュメントは鉄製の棒を組み合わせてつくり、高さ2・7メートル。四つの鐘が付けられている。正面からみるとY字で、人が両手を広げた形になっている。正面のプレートには「両手を広げ、大空に向かって平和と自由・愛を祈る」と書いてある。左手側の方向には、上原さんが出撃した鹿児島県の知覧がある。デザインしたインテリアデザイナーの広瀬勝則さん(57)=朝日村=は「家族や友人、恋人の個々の『思い』を、点から線に…

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新種昆虫に“中村哲医師” エジプト人研究員が命名提案 「功績を知って」

  3. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  4. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  5. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです