登山ガイド

国家資格へ 白馬で協会会議 20年目標に /長野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 登山ガイドらで構成する日本山岳ガイド協会は14日、白馬村で全国代表者会議を開き、2020年を目標に登山ガイドなどの国家資格化を目指すと確認した。集団登山での遭難事故や旅行会社のツアー登山が増える中、安全性を確保するのが狙いで、観光庁など関係省庁と協議を進める。

 国家資格化を目指すのは登山ガイドと自然ガイド。既に筆記、実技試験を経て認定する登山ガイド(ステージ1~3)や自然ガイド(ステージ1、2)などの資格制度を運用しており、これを基にし…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集