メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

府予選決勝 3校が花園切符 東海大仰星、常翔学園、大阪桐蔭、監督・主将の話 /大阪

頼もしかった 東海大仰星・湯浅大智監督

 厳しい試合になることは想定していたが、グラウンドの選手たちから『勝つんだ』という使命感が見え頼もしかった。全国大会までにキックミスなどをなくし、すきのないプレーを追求したい。

強気を貫けた 東海大仰星・山田生真主将

 前半を負けで折り返したが全員の気持ちが勝ちに向かっていた。強気を貫けたのが勝因だ。ゲーム中も常に声を掛け合い、攻め方を探った。全国大会に向け、さらにチーム力を高めたい。

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです