連載

どうなる米国経済

毎日新聞デジタルの「どうなる米国経済」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

どうなる米国経済

識者に聞く 支持層向け政策最優先 竹森俊平氏 慶応大経済学部教授

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 --トランプ氏勝利の背景に、政治に対する庶民の根強い不満が指摘されています。

 ◆(メキシコ移民など)ヒスパニック系住民が急増し、大統領選の候補者が彼らを意識して政策を決める中で、教育水準の低い白人中間層は強い不満や危機感を持っていた。トランプ氏の才能は、そうした「怒れる白人層」を掘り起こせば大統領になれると考え、その戦略を徹底して実行した点にある。選挙に勝つことと、その先の政権運営を完全に分け、不満や怒りを結集させることで固い支持層にまとめ上げた。

 --巨額減税や環太平洋パートナーシップ協定(TPP)反対など、極端な政策が目に付きます。

この記事は有料記事です。

残り828文字(全文1100文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集