メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

人民元安を織り込む経済活動=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 9月中旬に来日した中国国家発展改革委員会のエコノミストは二つの6・7が目安だと発言した。一つは四半期の実質国内総生産(GDP)伸び率だ。どうやら7~9月期も6・7%成長となり、これは達成した。もう一つは対米ドルの人民元レートのめどだった。

 世界的金融危機の2008年から10年までは1ドル=6・82元にくぎ付け(ペッグ)された。米国との貿易摩擦の沈静化のため、少しずつ切り上げてきたが、先進国の輸入量の急速な収縮のため、ペッグにこだわらざるをえなかった。ところが、その後「人民元安による輸出増」との批判が「為替操作国」の認定にもなりかねず、少しずつ切り上げて6・06元ま…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです