メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外埼玉知事選、大野氏初当選 与党系候補破る
格安なサービスの利用にはSIMフリーのスマホが必要。電気店の店頭に並ぶSIMフリーの端末=東京都千代田区のヨドバシカメラマルチメディアAkibaで、柴沼均撮影

 携帯電話会社のスマートフォン(スマホ)よりも割安な料金で利用できる「格安スマホ」が注目を集めています。なぜ、格安スマホは安い料金で利用できるのでしょうか。

 ●3社の回線を借り

 現在、国内でNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク(ワイモバイルを含む)の3社が携帯電話サービスを提供しています。3社は自ら各地に基地局を作り、全国で利用できるネットワークを構築しています。

 一方、「格安スマホ」「格安SIM」と呼ばれるサービスは、これら3社から回線などの設備を借り受ける形…

この記事は有料記事です。

残り1084文字(全文1321文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉田沙保里さんをインナーウェアのモデルに起用 ワコール

  2. 食肉加工場でパート従業員の女性が右腕切断 加工会社など書類送検 福岡

  3. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  4. 年金支給額は増えたのか 三原じゅん子議員の演説をファクトチェック

  5. 心愛さん父 「やめて」と止める母に馬乗り 野田虐待初公判 被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです