メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

日常詠の新しさ=酒井佐忠

 詩は無名がいい。そんな意味のことを言ったのは、確か飯田龍太だった。歌人の島崎栄一の姿を見ていると、ふとその言葉を思い起こす。ただ黙々と己のペースで歌を詠むことに集中してきた日々。思いの深い青春歌集から名づけた主宰誌「鮒」が創刊30周年となった。小さな集団で、はじめから拡大や発展は眼中になかったというのも歌人らしい。だが、積み重ねの日々が盛大な祝賀会に、部厚く充実した特集号の刊行として実ったのである。

 現実を見据えた上、鋭利に抒情を歌った秋田出身の鈴木幸輔に師事した。鈴木の名を知る人もいまは少ない。…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文576文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです