特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

明治神宮野球大会

高校決勝、早実VS履正社

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第47回明治神宮野球大会は第4日の14日、神宮球場で高校の部の準決勝2試合と大学の部2回戦2試合の計4試合を行った。高校の部は、早稲田実(東京)が福岡大大濠(九州・福岡)に打ち勝った。荒木大輔(元ヤクルト)を擁し準優勝した第11回大会以来3回目の決勝進出で、40年ぶり2回目の優勝を目指す。履正社(近畿・大阪)は札幌第一(北海道)を降し、初の決勝に進んだ。

 大学の部は、日大(東都)が東海大北海道(北海道)に七回コールド勝ち。初出場の桜美林大(関東第1)は環太平洋大(四国・中国)に快勝し、4強が出そろった。

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文732文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る