メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

連載10年 核なき世界訴えた被爆者からの遺言(その2止)

張本勲さんは「最後のメッセンジャー」として被爆体験を語り継ぐつもりだ=東京都内で、中村藍撮影

世界、まだ核持つのか 張本勲(はりもと・いさお)さん=元プロ野球選手

 「あっと言う間の10年だったけれど、残念ですよ。『まだこんな状態なのか』『まだそんなことをしているのか』と思ってしまう」

 東京都内の自宅で、野球評論家の張本勲さん(76)は寂しげに笑った。思いは2006年10月9日、北朝鮮が初めて強行した核実験に飛ぶ。その2日後に始まったヒバクシャの連載の中で、張本さんは「指導者に聞きたい。世界をどうしようとしているんだ」と怒りをあらわにした。それから10年。北朝鮮の核実験は5回を数え、非核化を求める日米露中韓との6カ国協議も08年12月を最後に開かれなくなった。

 核廃絶に向け、世界は何をしてきただろうか。「核兵器を使用した国も、持った国も同じだ。自分の主張を押…

この記事は有料記事です。

残り1024文字(全文1360文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです