メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

連載10年 連載や特集等で紹介した方々(その2止)

 <17面から続く>

 (登場順、敬称略)

▽今西和男(広島爆心地から2キロで被爆。戦後はサッカー選手、監督として活躍)

▽山科和子(長崎原爆で両親と弟、妹を失う。国内外で精力的に被爆証言)

▽大石又七(1954年3月、第五福竜丸乗組員として「死の灰」を浴びる)

▽星埜惇(福島大名誉教授。原爆投下翌日に救護活動に入った広島で被爆)

▽山川剛(8歳で長崎で被爆。戦後、教師として平和教育に力を入れる)

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文930文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです