メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

連載10年 被爆者からの遺言(その2止)

小松清興(こまつ・せいごう)さん=08年7月死去・72歳

 「まず国が被爆者におわびをするのが筋だ。原爆の実験台になり、人生を台無しにしたのは誰のせいだ」(原爆症認定集団訴訟の控訴審弁論後の集会で)

沼田鈴子(ぬまた・すずこ)さん=11年7月死去・87歳

 「原爆で左足を切断して生きるカを失った時、見上げたのが被爆アオギリだったの。あなたたちも勇気をもらえるアオギリを見つけて」(1995年の阪神大震災後、広島を訪れた被災地の小中学生に)

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文553文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  3. 発生する確率4万分の1のクワガタ展示 高知・四万十川学遊館

  4. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです