メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

’16秋/1 原広司さん(85) 「廃絶」込め3400枚超

 <記録報道の10年 documentary report 205>

ドーム画「生き残った使命」

 「北朝鮮の原爆実験、断固反対!」。5回目の核実験への怒りを込め、赤いボールペンで書き込んだ。

 広島で被爆した原広司さん(85)は今年9月9日、広島市安芸区の自宅で3403枚目の原爆ドームを描き、下に抗議の一文を加えた。ドームを描いて32年。2006年10月9日、北朝鮮が初の核実験を強行した時の絵には「北朝鮮の核実験に抗議する」と記した。

 原さんを突き動かすのは「核兵器と人類は共存できないと訴えるドームの心を伝えたい」という信念だ。自宅…

この記事は有料記事です。

残り1563文字(全文1830文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  2. 宮崎で竜巻か「車が横転」「屋根飛んだ」 JRで停電、運転見合わせ

  3. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  5. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです