JAL

雲上のスーパームーン 特別フライトで歓声

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
JAL機から見えたスーパームーンを撮影する小学生=仙台市上空で2016年11月14日午後5時20分、米田堅持撮影
JAL機から見えたスーパームーンを撮影する小学生=仙台市上空で2016年11月14日午後5時20分、米田堅持撮影

 満月がいつもより地球に近づいて大きく見える「スーパームーン」が14日、68年ぶりに各地で観測された。これに合わせ、日本航空(JAL)は、天候に左右されない雲の上からスーパームーンを見る「JAL presents HAKUTOスーパームーンフライト」(JL8910便)を行った。

 熊本県や南三陸町などの震災被災地や一般公募で招待された親子連れ112人を含む、乗客178人を乗せたJL…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

あわせて読みたい

注目の特集