メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 汚染廃棄物、仙台で試験焼却を調整 市長、来月末までに判断 /宮城

 東京電力福島第1原発事故で生じた放射能汚染廃棄物の処理を巡り、仙台市の奥山恵美子市長は15日の定例記者会見で、県側の求めに応じて市内の焼却施設で試験焼却を行う方向で調整していることを明らかにした。奥山市長は「試験焼却と本焼却は切り離して考えている。県や市が持っている情報を市民や議会に公表し、それぞれの意見を聞きたい」と強調。そのうえで12月末までに正式に判断する考えを示した。

 県は3日にあった市町村長会議で、指定廃棄物の基準(1キロ当たり8000ベクレル)以下で一般廃棄物となる稲わらなど約3万6000トンについて、年明けから一斉に試験焼却するよう提案した。

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レバノン首都で巨大爆発 「負傷者多数」ロイター報道

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. レバノン首都爆発「何らかの爆弾」 トランプ氏、詳細言及せず

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです