連載

うみやまリレーダイアリー

徳島に来た人たちの目に、この地はどのように映っているのだろう。徳島で暮らす人たちに日々の暮らしの感想をつづってもらう。

連載一覧

うみやまリレーダイアリー

神山町に移住 古屋淳二さん(44)=編集工房主宰 /徳島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <徳島で暮らしてみれば>

月3万円ビジネス

 「月3万円ビジネス」をご存知だろうか。いわゆる月に3万円を稼ぐスモールビジネスのこと。好きなことしかしなくてよいし、何より3万円しか稼げないので競争が起きない。他人を蹴落としたり、疑問を感じながら働く必要もない。たかが3万円というなかれ。5つすれば15万円、10すれば30万円になる。

 過疎の理由によく挙がる「仕事がない」。確かに神山も役場かJAか。そう意味では選択肢はあまりない。しかし、いつから「仕事=雇用」になったのだろう。一説には大正時代に3万5000種もあった職種が今や2000種という統計もある。つまり、かつては公務員や会社員が少数派だった。時代は変わり「雇用を失う」ことは「生きていけない」を意味するまでになる。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文950文字)

あわせて読みたい

注目の特集