メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

緊急インタビュー・トランプの米国

/5 柔軟なリアリスト サントリーホールディングス社長・新浪剛史氏

サントリーホールディングス社長の新浪剛史氏=東京都港区で2016年11月15日、藤井太郎撮影

 ドナルド・トランプ氏(70)とビジネスを通じて知り合った友人によると、彼は話が早くて機転が利き、勘が鋭い人だそうだ。私の印象でも、タフで、状況に応じて取引ができる交渉上手な人物だと感じる。

 交渉上手というのは、相手が何を求めていて、どのポイントを押さえればいいかを把握するのがうまいということだ。彼は選挙で、グローバリズムや技術革新に反発する保守層をうまくとらえた。その意味で、自分の売り込み方を知っている「グレートマーケッター(売り込み上手)」と言える。政治信条を表に出さない、非常に現実主義的な手法だ。米国の人々も、給料が増えない、自分の子供が今より幸せになれないという不安を抱え、その解決を現実主義者であるトランプ氏にかけたのだと思う。

 そう考えると、大統領就任後は、かなり柔軟に政権運営を行っていくのではないか。首席補佐官人事でも共和…

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです