メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 東電改革、重い廃炉費 他電力と連携強化、難航も

東電改革・1F問題委員会で発言する世耕弘成経産相(手前右)=経済産業省で2016年11月15日、宮川裕章撮影

 東京電力福島第1原発事故の処理費用負担や東電の経営再建を協議する経済産業省の有識者会議「東京電力改革・1F問題委員会(東電委員会)」が15日開かれ、東京電力ホールディングスの広瀬直己社長が原発や送配電部門などで他電力会社と連携し、収益力を強化する改革案を示した。だが、他の大手電力が原発事業で東電と連携する場合、福島原発の廃炉費用などリスクの分担が不明確で、連携先探しは難航する可能性が高い。

 会議は非公開で、広瀬社長はオブザーバーとして参加した。伊藤邦雄委員長(一橋大特任教授)と経産省幹部…

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1180文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです