メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

懐の深い経済政策の勧め=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 米国大統領選挙が終わり、トランプ氏が新大統領に就任する。世界の主要株式市場は、一応冷静さを取り戻し、暴落後急騰しているが、先行きの不透明感は拭いがたい。

 新大統領は反自由貿易主義者で何をするか分からない不気味さが付きまとうので、市場の反応は無理もない。実際、今回選挙で提起された中心問題「グローバル経済の下で生じた深刻な格差拡大の解消」についても、彼自身の答えは場当たり的である。

 この問題の答えは「グローバル化や市場経済の力を通じた成長の促進」と「経済弱者に対するセーフティーネ…

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  3. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです