メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第75期名人戦C級2組順位戦 近藤誠也四段-佐藤和俊六段 第1譜

話題の20歳

 三浦弘行九段が対局中にコンピューターソフトを不正使用した疑いが浮上し、12月まで出場停止処分を受けた。これによりA級順位戦も不戦敗の見通しとなり、対局数が減ったため、今回はC級2組の6回戦から特選譜を紹介する。

 51人がひしめく順位戦最大の激戦区、C級2組。昇級はわずか3人。今期は10人に降級点がつき、これが3回になるとフリークラスへの転出を余儀なくされる。まさに天国と地獄のはざま。デビューして間もない若手棋士と経験豊かなベテラン、中堅棋士がしのぎを削る、最も順位戦らしい厳しい戦いが繰り広げられるのがC級2組なのだ。

 今期、最も注目されているのが近藤誠也四段である。昨年10月に晴れてプロ棋士になったばかり。四段昇段1年目で王将戦リーグ入りを果たした。順位戦もこれが初参加。5回戦終了時点で5連勝と単独トップを走っている、今話題の20歳である(手空きの関係で4戦全勝は5人いる)。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです