メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西学生アメフット

切れ味復活ランで雪辱へ 関学・橋本

京大戦で切れ味鋭いランを見せた関学大のRB橋本=神戸ユニバー記念競技場で2016年11月6日、三浦博之撮影

 アメリカンフットボールの関西学生リーグは20日、大阪・万博記念競技場で行われる関学大-立命大の全勝対決で優勝が決まる。大一番に闘志をひときわ燃やすのが関学大のRB橋本誠司(4年・清教学園)。一昨年の毎日甲子園ボウルで最優秀選手(MVP)に輝いたが、昨年はけがの影響で活躍できず、チームも立命大に敗れて2位に終わって同ボウル進出を逃した。リーグ最終戦に向けて「何としても勝って目標の日本一につなげたい」と力を込める。

 6日の京大戦では鮮やかな独走TDを決めた。同点の第2クオーター2分59秒、自陣でQB伊豆充浩(4年…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです