メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西学生アメフット

切れ味復活ランで雪辱へ 関学・橋本

京大戦で切れ味鋭いランを見せた関学大のRB橋本=神戸ユニバー記念競技場で2016年11月6日、三浦博之撮影

 アメリカンフットボールの関西学生リーグは20日、大阪・万博記念競技場で行われる関学大-立命大の全勝対決で優勝が決まる。大一番に闘志をひときわ燃やすのが関学大のRB橋本誠司(4年・清教学園)。一昨年の毎日甲子園ボウルで最優秀選手(MVP)に輝いたが、昨年はけがの影響で活躍できず、チームも立命大に敗れて2位に終わって同ボウル進出を逃した。リーグ最終戦に向けて「何としても勝って目標の日本一につなげたい」と力を込める。

 6日の京大戦では鮮やかな独走TDを決めた。同点の第2クオーター2分59秒、自陣でQB伊豆充浩(4年…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです