配偶者控除

130万円か150万円 上限引き上げ2案

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2017年度の税制改正議論で焦点となっている配偶者控除の見直しを巡り、政府・与党は、控除対象となる配偶者の年収上限(103万円以下)を130万円か150万円まで引き上げる案で調整に入った。それぞれ夫の年収が1320万円(仕事の必要経費とみなされる額を差し引いた「所得」では1100万円)、1120万円(同900万円)を超える場合は制度の対象外とする。与党税制調査会はこの2案を軸に検討し、17年度税制改正大綱に盛り込むことを目…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

あわせて読みたい

注目の特集