メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルよもやま話

ネットで簡単小遣い稼ぎ 新サービス続々

リアルワールドの菊池誠晃社長(左)と斎藤萌さん=東京都港区のリアルワールド本社で2016年11月11日、柴沼均撮影

 家計にもう少しお金があったら……。そう思う人は多くいるのでは。最近は、働き方改革の一環として、副業を解禁する企業もでていますが、アルバイトは大変なので、インターネットで副収入を得たい。そうしたニーズを狙ったサービスがどんどん増えています。

 民間の調査機関「フリーキャリア総研」が9月に行ったネット調査によると、ネットを使って収益を得るサービスについて57%が「知っている」と回答。そうしたサービスを「現在利用している」が14%、「今後利用してみたい」が33%と約半数が、活用の動きを見せています。若い人ほど利用意向が高いのも特徴です。

 私自身は、ネットで簡単に小遣いを稼げる方法は、ポイントサイトとクラウドソーシングの2種類が有効だと考えています。ポイントサイトは、そのサイトを経由して買い物をしたり、広告を見たりすることで、一定のポイントがもらえるサービス。クラウドソーシングは、不特定多数に文字の入力など在宅ワークを発注するサービスです。

この記事は有料記事です。

残り1251文字(全文1673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 講談社の「本」休刊へ 理由の詳細説明は最終・12月号で 76年創刊

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  5. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです