連載

漫画で解説

毎日新聞デジタルの「漫画で解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

漫画で解説

木星ってどんな星?の巻

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
木星ってどんな星?の巻
木星ってどんな星?の巻

太陽系で最も大きなガスの惑星 古来から帝王、最高神の象徴

勅使河原と善蔵が木星観察をしています。
木星は「夜半の明星」とも言われますね。

木星は太陽系で最も大きく、月、金星に次いで明るい惑星のため、よく見えるのです。
太陽からの距離は7億7830万キロ。地球よりも5倍以上離れています。
一方、自転周期は太陽系で最も短く、木星の1日は9時間55分ほどです。
探査機「ガリレオ」が撮影に成功し、細いですがリングもあることが分かっています。
勅使河原と善蔵が木星観察をしています。 木星は「夜半の明星」とも言われますね。 木星は太陽系で最も大きく、月、金星に次いで明るい惑星のため、よく見えるのです。 太陽からの距離は7億7830万キロ。地球よりも5倍以上離れています。 一方、自転周期は太陽系で最も短く、木星の1日は9時間55分ほどです。 探査機「ガリレオ」が撮影に成功し、細いですがリングもあることが分かっています。
直径は地球の約11倍、堆積は約1300倍です。
一方、、主に水素とヘリウムのガスだけでできているので重さは地球の約318倍と、大きさの割に軽い惑星です。
ちなみに地球を1とすると他の惑星の大きさは、水星が0.4、金星が0.94、火星が0.5、木星が11、土星が9.5です。

木星のしま模様はアンモニアの氷の粒でできた雲です。
赤い斑点は「大赤斑」と呼ばれる雲の渦で、時速約100キロで左巻きに動いています。
地球三つ分の大きさがあるんですよ。

2009年1月までに木星には63個の衛星が確認されています。
特に大きい四つは1610年にガリレオ・ガリレイが発見し、「ガリレオ衛星」と呼ばれています。
直径は地球の約11倍、堆積は約1300倍です。 一方、、主に水素とヘリウムのガスだけでできているので重さは地球の約318倍と、大きさの割に軽い惑星です。 ちなみに地球を1とすると他の惑星の大きさは、水星が0.4、金星が0.94、火星が0.5、木星が11、土星が9.5です。 木星のしま模様はアンモニアの氷の粒でできた雲です。 赤い斑点は「大赤斑」と呼ばれる雲の渦で、時速約100キロで左巻きに動いています。 地球三つ分の大きさがあるんですよ。 2009年1月までに木星には63個の衛星が確認されています。 特に大きい四つは1610年にガリレオ・ガリレイが発見し、「ガリレオ衛星」と呼ばれています。
最も内側を公転するイオは地球以外で初めて活火山が発見された天体です。
木星の潮汐(ちょうせき)力を受けて星の内部が熱せられているためです。
一方、イオの火山ガスは木星のオーロラの原因になっています。

エウロパの表面は氷で覆われています。
16年9月、NASAは液体の水とみられるものが噴出しているのを観測したと発表しました。

ガニメデは水星より大きく、太陽系最大の衛星です。

カリストは表面がクレーターで覆われ、活動を停止していると考えられています。
最も内側を公転するイオは地球以外で初めて活火山が発見された天体です。 木星の潮汐(ちょうせき)力を受けて星の内部が熱せられているためです。 一方、イオの火山ガスは木星のオーロラの原因になっています。 エウロパの表面は氷で覆われています。 16年9月、NASAは液体の水とみられるものが噴出しているのを観測したと発表しました。 ガニメデは水星より大きく、太陽系最大の衛星です。 カリストは表面がクレーターで覆われ、活動を停止していると考えられています。
木星は公転周期が12年で、黄道の12星座を毎年一つずつ進みます。
このため「歳星」とも呼ばれ、古来から帝王の象徴でした。
英語名「ジュピター」は、ギリシャ神話の最高神ゼウスのことです。

モーツァルトの最後の交響曲第41番は「ジュピター」。
ホルストの組曲「惑星」のうち、「木星」は「快楽をもたらす者」の副題で、平原綾香さんが作詞し歌うカバー曲でもおなじみですね。
木星は地球で最も愛される惑星と言ってもいいでしょう。
木星は公転周期が12年で、黄道の12星座を毎年一つずつ進みます。 このため「歳星」とも呼ばれ、古来から帝王の象徴でした。 英語名「ジュピター」は、ギリシャ神話の最高神ゼウスのことです。 モーツァルトの最後の交響曲第41番は「ジュピター」。 ホルストの組曲「惑星」のうち、「木星」は「快楽をもたらす者」の副題で、平原綾香さんが作詞し歌うカバー曲でもおなじみですね。 木星は地球で最も愛される惑星と言ってもいいでしょう。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集