個展

布の温かさシンプルに 浦安で中川さん初 バッグやポーチなど21日まで オーダーメードも /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
初めての個展を開催している布作家の中川磨紀さん。バッグを中心にポーチやコースターなどを制作している=浦安市猫実で
初めての個展を開催している布作家の中川磨紀さん。バッグを中心にポーチやコースターなどを制作している=浦安市猫実で

 浦安市在住で、バッグやポーチなどの布製品を制作している布作家、中川磨紀さん(50)が同市猫実(ねこざね)のカフェ「猫実珈琲店」で初めての個展「KURUMAKI01」を開いている。どれもシンプルだが布の温かみを感じさせる作品で、店内ではオーダーメードを受け付けている。21日まで。

 中川さんは横浜市出身で、2001年から浦安市に暮らしている。06年から布製品を作り始め、「KURUMAKI」のブランド名で活動。すべてミシンで手作りしている。

 作品の8割はバッグで、オーダーメードをメインに、トートバッグやリュックサックなどを制作。表地にパラフィン加工された帆布(キャンバス地)、裏地にガーゼを使い、中に綿を入れた「クロワッサン」シリーズのバッグなどが人気だ。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文652文字)

あわせて読みたい

注目の特集