メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森

「こけス」黒石商高生考案 こけしでチェス 人気に

こけしとチェスがコラボした「こけス」=2016年11月1日、足立旬子撮影

 駒はこけしでルールはチェス。青森県黒石市の県立黒石商業高の生徒たちが考案したゲーム「こけス」が今年、同市のふるさと納税の返礼品の一つに採用された。「新東北みやげコンテスト」などでも1次審査を通過。こけし好き女子を表す「コケジョ」という言葉も広がるなど、全国的なこけしブームを追い風に評判を呼んでいる。

 駒は高さ5~8センチの愛らしい表情のミニこけし。キング、クイーン、ビショップなど6種類あり、赤16…

この記事は有料記事です。

残り868文字(全文1069文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです