メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森

「こけス」黒石商高生考案 こけしでチェス 人気に

こけしとチェスがコラボした「こけス」=2016年11月1日、足立旬子撮影

 駒はこけしでルールはチェス。青森県黒石市の県立黒石商業高の生徒たちが考案したゲーム「こけス」が今年、同市のふるさと納税の返礼品の一つに採用された。「新東北みやげコンテスト」などでも1次審査を通過。こけし好き女子を表す「コケジョ」という言葉も広がるなど、全国的なこけしブームを追い風に評判を呼んでいる。

 駒は高さ5~8センチの愛らしい表情のミニこけし。キング、クイーン、ビショップなど6種類あり、赤16…

この記事は有料記事です。

残り868文字(全文1069文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 首相が「桜」と「日本で最も高いと言われるおすし屋さん」の関係にこだわる理由

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです