シートベルト

後部も警報 着用徹底、乗用車義務化へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 交通事故死者を減らすため、国土交通省は、シートベルトを締めずに走行すると警報音が鳴る装置を乗用車の全座席に装備するよう義務づける方針を固めた。道路運送車両法の保安基準を改定し、自動車メーカーに装備を求める。後部座席でシートベルトを締めずに死亡する事故が後を絶たず、主として後部座席での着用を徹底させる狙いがある。

 この装置は「シートベルト・リマインダー」と呼ばれ、ベルトを締めずに走行すると警報音が鳴り続ける。現行の道路運送車両法の保安基準では、乗用車は運転席のみ装備が義務づけられている。その他の座席はメーカー側の設計にゆだねられており、助手席では普及が進んでいるが、後部座席では一部にとどまっている。

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文933文字)

あわせて読みたい

注目の特集